テディベア柄のスカーフ

テディベアとはクマのぬいぐるみのことで、第26代アメリカ合衆国大統領のセオドア・ルーズベルトがクマ狩りに出かけた時に怪我をしたクマを見逃したため、クマに慈悲深い大統領の名前をぬいぐるみの名前に付けたことが由来です。

セオドア・ルーズベルト元大統領の誕生日の10月27日をテディベアの日と制定している他、1957年にエルヴィス・プレスリーが君のテディベアになりたいと歌った歌がテディベアの歌になりました。欧米では男児にもぬいぐるみを持たせるので、男性ファンが多いのです。フランスを代表するファッションブランドのエルメスからは、様々なデザインのテディベア柄スカーフが販売されており、特にパズル柄のスカーフはヴィンテージ物としてプレミアが付いています。

スカーフの素材はカシミヤとシルクの混合なので肌触りが柔らかく、見た目の可愛らしさだけではなくファッションアイテムとしても優秀です。色味もシルバーやブラウンのシックな色からピンク色や水色など可愛らしい色まであるので、どんなファッションにも合うデザインのスカーフが豊富にあります。

スカーフより一回り大きいサイズのショールもあり、欧米でいかに愛されているぬいぐるみであるかがわかるというものです。日本ではぬいぐるみやファッションアイテムに加えて、ペンダントドットや鞄の柄としても人気で、ぬいぐるみにひな祭りや五月人形の服を着せた物や、学生服を着せた物など日本ならではのぬいぐるみがよく売れています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *