岡山でキッチンの水漏れならどうする

岡山に暮らしていると、キッチンの水漏れで困ることもあるでしょう。蛇口を開くたびに、付け根からチョロチョロと水が漏れ出す、蛇口を閉めたのにポタポタと水が止まらない。こんなシーンに直面したら、できるだけ速やかにメンテナンスすべきでしょう。そのままにしておくと、周囲の建材や水道設備を傷める原因にもなります。

キッチンの蛇口というものは、家の水回りでは利用頻度が高いポイントです。設置してからしばらく経つと、やがて経年劣化が進み、何らかの異常が目立ち始めます。例えば蛇口のレバー内部ではバルブカートリッジの異常や、接合部分のパッキンの損耗などが見られます。あるいはツーハンドルの蛇口ではパッキンの劣化だけでなく、ナットが緩んで水漏れすることもよくあります。

メンテナンスではパッキンの交換や、ナットの緩みを締め直しだけも、水漏れが止まるケースが数多くあります。しかしツーハンドルの蛇口のように構造の複雑なタイプや、特殊なバルブカートリッジをメーカーから直接取り寄せるようなケースでは、素人の方では難しいかもしれません。まずは岡山の水道修理会社へ依頼した方が無難でしょう。キッチンではシンク下からも、水が漏れ出すケースが目立ちます。

調理や洗いで出る食材カスや食用油が排水口やパイプ等に蓄積し、そこが腐食や亀裂を起こして水が漏れ出るためです。こうなると排水口やパイプを丸ごと交換するような、大がかりな工事が必要になります。無理せずに、岡山にある水道修理会社へ相談することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です