給湯器交換のタイミング

食器洗いはもちろんお風呂やちょっとした掃除まで、現在の生活にお湯は欠かせない存在です。普段は当たり前すぎて気がつかないけれど、給湯器はお湯を手軽に使う為にとても便利な品物です。しかし耐久年数をしっかりと守って定期的に給湯器交換をしないといけないというのは、つい忘れてしまう人も多くいます。耐久年数はメーカーによっても違いますが、大体10年程の場合が多いです。

給湯器交換の目安としてお湯の温度が安定しない時やお湯が出てくるまでに時間がかかる時と覚えておくと良いです。しかし使用頻度や使い方でだいぶ差がでてしまうので、耐久年数は目安であり寿命ではない事を覚えておく必要があります。そこで給湯器交換までの期間を少しでも長くしたいと言う人は、こまめにメンテナンスをする事がおすすめです。近年メーカーは無料保障期間の後、有料ではありますが5年目点検、7年目点検を実施してくれる所が多くあります。

その際万が一年月が経過して製造打ち切りになった給湯器のメンテナンスを他メーカーに依頼した場合、部品を入手しにくいというデメリットもあるので、製造メーカーに頼むというのもポイントです。中にはしっかりとメンテナンスを行う事により15年程使用したケースもある程です。家にいれば毎日お湯を使うので、給湯器に休みは無く働きっぱなしです。私たちの体にもたまに休息が必要な様に、給湯器にも休息は必要なのでいたわってあげると良いです。

岡山の水道のつまりのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です