蛇口交換を岡山の業者に依頼する前に確認すること

毎日使用する蛇口は、使っているうちに水漏れなどの不具合がしばしば起こります。また、ずっと使っていたものから新しい形式のタイプに取り替えたいと考える人もいるのではないでしょうか。予め知っておきたい知識を押さえ、岡山の蛇口交換業者に依頼するか自分で取り替えられるか判断しましょう。.岡山で蛇口交換を考えている場合、業者に依頼する前に修理の原因を探ることが重要です。

蛇口の水漏れはほとんどの場合、ボルトやナットの緩みや、バルブカートリッジといった部品の劣化が原因で生じています。これらはホームセンターなどでパーツだけ購入して交換すれば解消されることが多く、自分で修理可能です。汚れや不純物が吐水口の先端に詰まっていて水が出にくい可能性も考えられます。この場合は、歯ブラシなどを使って掃除をすると水の流れがスムーズになります。

また、どれくらい同じ蛇口を使用しているかも確認しておきましょう。基本的に、蛇口の耐用年数は10年~15年と言われています。10年以上使い続けている場合は本体自体に破損がおきやすいため、不具合部分のパーツだけ取り替えてもまた水漏れを起こす可能性が高くなっています。.蛇口は、取り付け位置や給水管の穴の数によって、種類が分類されます。

壁に取り付けるタイプは、シングルレバー・ツーハンドル・単水栓の3種類です。流しなどに取り付ける台付きタイプはシングルレバー・ツーハンドルの2種類に分けられ、さらに取付穴が1つのワンホールか2つのツーホールに分けられます。岡山で蛇口交換を業者に依頼したいと考えている場合は、自分がどんな形状を使用しているのか把握しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です